安倍ンジャーズとヨイショする読売

本日の紙面ですね。「いくらなんでも」と開いた口がふさがりませんでした。このように、開いた口がふさがらず、顎関節症になってしまうのが読売という新聞ですので、皆さんもご注意ください。

新聞に掲載するには、あまりにも完全な戯言しか無いんですが、最後が肝心です。

だからこそ、トランプ大統領がおかしな方向に進まぬよう、安倍首相に対する各国の期待は大きくなる。懐に飛び込み、比類ない親密な首脳間関係を築いたという意味で、アベンジャーズより「安倍ンジャーズ」と呼ぶ方がふさわしい。そんな気がする光景だった。

この北村友啓という記者は、一方で安倍正恩に対するヨイショを行い、かつそれを歓迎する読売という会社にヨイショを行い、その一方で真実にはそっぽを向きます。

安倍は、トランプが「おかしな方向」に進むのを阻止することはできません。日本などは米の植民地に過ぎず、安倍など植民地奴隷代表に過ぎないのですから、そんなことができるはずも無いのですが、読売の愚かな記者の目にはおめでたいことにそう見えるようですよ。