偽ニュースここに極まれり!

昨今の新聞・テレビを見ていると、本当に日本の新聞・テレビはジャーナリズムではないですね。ただの宣伝広告屋に過ぎないことがわかります。この意味としては、「企業の宣伝広告」ということではありませんよ。もちろんNHKも宣伝広告屋に過ぎないわけです。誰の差し金で、どんなアジェンダを持って宣伝広告しているのかは明確にはわかりませんし、宣伝広告とは言っても「不都合なことを隠して結局は特定利益にとって都合の良いように操作する」という意味ですから、通常の意味とは違いますけど。

たまたま本日の午後テレビを見ていたら、フランスで日本人が襲われることが多くなったという話をしていました。金持ち中国人が多いので、中国人と見分けのつかない日本人が襲われるのだとか。で、その対策方法などを解説していました。あるいは、本日の読売を見てみると、シリアからの避難民がエジプトに逃げ、そこで持ち前の才能を発揮して順調に商売している云々という話が出ていました。

どちらも全くのゴミですね。単にゴミを撒き散らしているだけです。そんなことより報道すべきことがたくさんあるのですが、全く報道しません。当然報道すべきことを報道しないことは偽ニュースです。

まず、フランスですが、ますますマクロンに対する抗議・ストライキが激しくなっているようです。これ、イギリスでもほとんど報道されないと言ってる人達がいますね。かなりの大騒ぎになってるようなんですが、イギリスでも日本でもほとんど報道されていないようです。

日本に比較すれば、イギリスは直通鉄道も走ってますし、8割だかの国民がフランスに行ったことがあるというお国柄ですから報道されないことは明らかに異常です。しかし、英でも報道されず、日本でも報道されないということは、世界的な何かしらの意思が働いていることが容易に想像でき、むしろ微笑ましい位ですよね。せいぜい隠しといてください。マクロンがぶっ倒れたら、その時初めて何が起こったか、みなさんにわかるようになるのでしょう。

次にシリア問題なんですが、OPCWの立場がますます悪くなっているようです。複数の内部告発者がでて、さらにWikileaksが次々にリーク文書等を公開しているようで、OPCWによる「シリア政府が化学兵器を使った」を匂わすような「最終レポート」なるものが、単に米諜報部の差し金によるでっち上げであることがますます明らかになってきました。

しかし、2018/4にお茶の間にあれだけ「化学兵器攻撃騒動」を報道したテレビも新聞も死んだふりのようです。ほんとにまったく報道されてないんですよ。ためしに、「OPCW 内部告発」とかで検索しても何もでてきません。その一方で、「エジプトに避難したシリア人のその後」なんて話をのんきにやってる読売はもはや犯罪者ですね。こいつらも、いかにも「アサドが化学兵器で自国民を殺害した」かのような報道を何度も何度もやってましたから。

字幕大王を開始して、たぶん三年位にはなるかと思うんですが、これほどひどいと思ったことは初めてです。これは今始まったことなのか、それとも私が英語による海外事情を得るようになるずっと前からなのか、そのあたりは明確な判断はつきかねるんですが(後者であれば、生まれてこの方ずっと騙されてきたわけです)、ともあれこれほど偽ニュースだらけとは、呆れて物も言えませんね。

そして、これらの嘘つき連中が我々日本人の敵であることも明確になってきたと思います。

未分類

Posted by ysugimura