お笑い日本新聞協会の消費税声明

2019年10月3日

消費税についてはおかしな点が多々あるんですが、最もおかしいのはこれですね。昨日の読売紙面です。

まぁ、このブログをお読みになっている方であれば、明らかなんですが、どの口で「報道・言論により民主主義を支え、国民に知識・教養を広く伝える新聞の役割」などと言えるんでしょうね?あるいは、「フェイクニュースが云々」で、「しっかりとした取材の基づく新聞の正確な記事と責任ある論評」と恐れ入りますよね。まるで逆なのにも関わらずです。

ところで、書籍は軽減税率ではないとしており、これは事実で、これについては有害図書が問題になったと解説しているところがネット上ではありますね。しかし、関係ありませんよ、新聞が軽減税率になった理由は、安倍政権べったりのこれまでのご褒美に間違いありませんね。もちろん新聞協会には反安倍の朝日なども含まれているでしょうけれども、まさか読売・産経だけを軽減にするわけにもいきませんからねぇ(笑)。

しかし、ここで「皆が払っている消費税なのに、食べられもしないのに、新聞だけ割り引いてもらっている」という事実によって、新聞の責任はぐんと重くなりましたね。もちろん、これによって、これまで垂れ流してきた偽ニュースをやめることはないでしょうけど。

何度も言いますが、読売は事実を書いてますよ。しかし、極めて悪質なのは不都合な事実は一切無視という点がより重要です。また、不明な点は「こうだろう、ああだろう」と都合の良い単なる推測をしていることも事実ですし、さらには御用学者等の論説にいたってはデタラメもいいところですね。これでよく他者を「フェイクニュース」などと、批判ができるもんです。

ともあれ、これまで以上に読売へのツッコミがしやすくなったと言うものです。事実として誘導ばかりですからね。

ところで、消費税増税ですが、まさかここを読んでる方は、「国の財政が大変だから仕方がない」なんて考えてる人はいませんよね?こんなもんはすべてウソでございます。たしか昨日の紙面だと思いましたが、一般会計に占める社会保障費が云々でなどと、いかにも大変そうなことを書いてましたが、ウソです。特別会計という使途不明金がごちゃまんあることは一切無視です。

かように読売というのは、都合の悪いことはふせまくりで、日本国民を誘導していく装置でしかありませんで、それに日本政府が優遇をするのは当然過ぎるほど当然ですよね。日本国民洗脳・誘導装置にはご褒美を与えるのが物事の理というものです。

で、本記事の声明というのもまた、いかにも新聞に意義があるといった印象、いかにも事実が書いてあるといった印象を、全く何も考えない奴隷の人達に与える意図を持って作られたものであります。

暴力こそありませんが、やってることは共産主義か何かと全く変わらないんです。見るべきところはこの点です。いかにも民主主義とそれを守る真実のニュースというフリをすることで、皆さんを騙し、どなたかはわかりませんが、特定の方々の収奪体制を継続すべく日々頑張っておられると、こういうことでございます。

 

未分類

Posted by ysugimura