米は他国選挙に干渉してるとトランプが認める

いや、これは大ニュースだと思うんですが、読売にはちっちゃく出てました。他のところで見かけたんですが、そこではロシア高官・当局者がトランプから聞いたとありましたが、この記事でラブロフだとわかりました。

ってことは、これが事実かどうかはラブロフに聞けば確認できますね。ですから、噂等ではなく、おそらく事実でしょう。

で、この読売の微妙な報道の仕方が面白いんですよ。読売としては、いかにもトランプが米選挙へのロシア干渉を受け入れている点を強調したいんですが、しかし、そうかと言って「米国が他国に同様なことをしている」という事実は、あまり大っぴらにしたくないんです。つまり、それを実行しているCIA傘下の読売としては痛し痒しのもどかしさがあるわけです。

で、このことは元CIA長官であり、シリア侵略して石油をぶんどる画策の要因でもあるジニー・オイルの重役のジェームズ・ウールジーがFOXのローラ・イングラハム相手に認めてますし、CIAによるクーデターなんてのは歴史的に文書も出てしまっている厳然たる事実なんですが、しかし、読売はできれば触れたくありません。

一方で、ロシアの干渉、ロシアの共謀、ロシアが米国の選挙を盗んだ云々なんてことは年がら年中言ってます。ミュラー報告以降はおさまりましたけど。

しかし、実際には「ロシア人」の干渉はあるんだと主張する人もいますね。つまり、イスラエルのロシアマフィアが米選挙で大きな役割を果たし、トランプを勝たせたという主張です。これは本当かどうかわかりませんけどねぇ。。。

ともあれ、読売の取り上げ方が笑える記事でした。この連中が何をどう報道するか、あるいは一切無視するかが面白いんです。今後も笑わせてくださいね、とっても期待しておりますよ。

未分類

Posted by ysugimura