スクリパリ親子がどうなったのか気にもしない読売

これは読売に限らず、全世界の他のメディアもそうなんですが、その後スクリパリ親子が一体全体どうなったのか全く気にしていません。以下は本日の紙面ですが、

プーチンとメイがG20において話したとのことで、メイは「反論できない証拠を持ってる」んだそうです。「GRUの工作員が関与していると結論づけたが、ロシアは関与を否定している」とのこと。

しかし、当のスクリパリ親子なんですが、昨年のたしか5月頃に退院し、娘のユリアは一度だけそのビデオが流されました。その後親子ともども消息不明です。「英国がかくまって」らっしゃるとお見受けするわけですが、しかし、なぜ両者ともその後のビデオ出演さえも無いのでしょうか?

奇々怪々ですよね、ロシアの諜報工作員のしわざであり、狙われた当事者の二人ともが、元気になったであろうにも関わらず、その証言が無いのです。例えば、ノビチョクはスクリパリ父のアパートのドアノブについていたと言われるわけですが、しかし、ソールズベリーの公園に到着して、その後何かをした後まで、その効果が発現したなかったんですねぇ、どういうわけか。

で、この件は大変な国際問題になってるわけですからして、当の本人が何と言っているのか、是非とも聞きたいのが人情というところでございますが、一切何の情報もありませんし、読売などは、このような記事を出して起きながら、ほんの少しの疑問さえも浮かばないようですよ。さすがに読売の記者様は違いますね。

特に、父の方はともあれ、娘の方は「ロシア国民」なので、ロシア側としては、なぜか自国民に英国が勝手に引き合わせないという異常事態が続いている上に、ロシアにいる親戚は「連絡も無い、もう死んでるんじゃないか」と言ってるそうで、非常に不可解な現象が起きておりますね。

もし、本当にロシア側のしわざだとすればどうでしょうか?英国側はその証拠をスクリパリ親子に見せ、そして、親子がビデオ出演なりして、ロシアを非難することが考えられますが、それさえありません。二人がそれを信じなかったとしても、隠しておく理由にはなりませんよね。

では、一人の科学者がこの事件について何と言っているかですが、以下にあります。

 

 

最初に言わねばならないことは、もし彼らがロシアからのものと言うなら、それはウソですね。なぜなら、知りようがないんです。ロシアからのサンプルを得てないわけですから。彼らが比較できるようなものですよ。そして、今日、The Timesが。。。他の。。。

ポータンダウンが言うには、ロシアからのものかはわからないと。もちろん、これは面目丸つぶれですよね、そこらじゅうに。ですからボリス・ジョンソン(外相)と、バカ女のテリーザ・メイは、今や連中は言ってますね、証拠があると、それを秘密にしてると。何らかのロシアの施設から来てるんだと。

しかし疑問としては、一体全体どうやってロシアの施設からサンプルを手に入れたかですよ。不可能です。連中はウソついてます。隠そうとしてるだけです。バカに見えますからね。増々バカに見えてきますね。我々にわかってる唯一のことは、この物質、正確に同じ物質ですが、これが合成されたことです、米国の、化学兵器として。場所があります(?)、米国内に。そして、誰かが、破片パターン(?)を、NISTのサイトにやったんですね。

科学技術政策研究所のウェブサイトです。(?)ですから、確実にわかってるんです、米国人が合成したことは。そして、極めて合理的ですよね、ポータンダウンも合成していると考えるのは。私の意見を知りたければ、私が信じるところは、この物質はポータンダウンのものか、あるいは米国のものです。そしてこれは偽旗作戦なんです。同じ連中のものですよ、イラク戦争に導いた連中と。

イラク戦争は、「大量破壊兵器」というアイデアで行われましたね。フセインが持ってると。もちろん、彼は何も持ってませんでしたよ。ですから、これもインチキです。そして、イラクを攻撃した本当の理由というのは、ここではあまり話しませんが、フセインが決断したからですよ。ドルで石油を売るのをやめ、ユーロにすることを。そして、ガダフィが同じことを決断し、ゴールドをベースにするアラブディナールを準備すると、彼も排除されました。そして、シリア人もドルで石油は売らないとし、ユーロで売ると。もちろん、彼らも侵略されました。ですから、これが目的ですよ。米国帝国の終焉なんです。ペトロダラー帝国のですね。基本的にはそれですよ。ロシアは今や中国へのパイプラインを作っており、中国との直接石油取引をはじめてます。

人民元でですね。そして、中国は最も巨大な石油輸入国の一つになりました。その巨大な拡大のためにですね。ですから、彼らはサウジにも要請してます、人民元での支払いを。ドルではなく。ですから、ドルによる取引の支配は落ち込むわけです、急速にですね。ですから、もちろん、何かしらされねばならないんですね。そしてされたことは、戦争を生じさせることです。これは恐ろしいですね。なぜなら、これは、私の他の専門でもあるんですが、誰もこんな戦争では勝てないんです。限定核交換(?)を行ってもですね。もし物質が。。。放射性物質がそこら中に落ちれば終わりです。この理由は、連中の持つリスクモデルが。。。バカな連中ですね、テリーザ・メイとかボリス・ジョンソン、こういったバカな愚か者全員ですが、おそらくトランプもですね。放射線リスクモデルが示すわけですよ、こういった連中が核戦争でも生き残れると。これは間違いですね、ファクターが1万倍違うんです(?)。

我々は既に見てるんですよ、核兵器実験で。今や見られますね、ガンの増加が。核実験時に生まれた人達のガンです。ごく最近では、別の証拠もみましたよ。これに関連して。事実、若い男が、ダウン症候群の子供の父親になりやすいんです。私のような年寄りよりも。ですから、私が30歳の女性と結婚して、子供を持つと。ダウン症候群になる確率はありますが、5倍も低いんですよ。もし私が20歳である場合よりも。想像してください。ともあれ、十分でしょう、ホラーショーは。単に完全に明らかにしたんです。このビデオをアップした理由は。

ありえないんです。証明はありません。スクリパリに盛られた物質が、ロシアから来たなどというのは。それがメッセージです。聞いてくれてありがとう。

未分類

Posted by ysugimura